忍者ブログ
foo-bar-baz フィギュアレビュー,買い物記録,記事感想,その他戯れ言
リンクフリー,アンリンクフリー,個別ページリンクフリー。
※このサイトおよびレビュー記事における全ての画像について無断転載,再利用,再配布を禁止します。

このサイトは下記に移転しました。
This site has moved to new location.
http://www.foobarbaz.jp/

[634]  [633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【相互リンクお礼】
  • figuephoto さん
  • 相互リンクありがとうございました~。
    邪道なんてとんでもない。わたしもこういう写真を撮りたいな~という憧憬を感じますよ。

    まだまだわたしは引き出しも少ないので,figuephotoさんなどのサイトさんを参考にさせていただいたり,レビュー撮影で試行錯誤したりして,少しづつ出来ることを増やしていきたいなと思っています。

    また,当サイトをご覧くださっていたとのこと,大変うれしかったです(^^;

    今後ともよろしくお願いいたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ありがとうございます!

スパさんの事は、確かアスまんがさんの所のレヴューの紹介の所で知ったんだと思いますが、「しっかりとした写真を撮る方だな~!」と思って、それ以来チェックしていました^^;

自分も引き出しは多いほうではないですがorz
参考になるかどうか解りませんが、自分の場合はイメージを出せるようにしたいと思っていますね。
良く、海外の高級ブランドの(海外製の)カタログや日本だとセブンシーズマガジン辺りの広告写真って、商品そのものを見せるよりその商品にまつわるイメージをとても大切にするじゃないですか!
あそこまでのレベルにはとてもじゃないですが追いつきませんが、その考え方だけでも真似できればと思って。
フィギュアの持つイメージや、実際にそのフィギュアと対峙したときに受ける印象を出来るだけ写真に生かせるようにと思って撮っていますね。
なので、自分の中で光というものにもそれぞれ意味合いを持たせて使い分けるようにしています。
●メインライトにはディフューザーを取り付けたクリップライトを使っていますが、このままで使うときは「強い光」。力強さや意志の強さ(そのまんまですが)メリハリを付けたい時に使います。
普段はこれに板状のディフューザーをプラスしてもう少し「柔らかい光」で使っていますね。
温かさや自然な感じ、緩やかなグラデーションを付けたい時、一番よく使う使い方ですね!
●後はグリット。これはワンポイントとして。
KOS-MOSの時のようなクリア素材の時には必ず使っていますし。
●メインよりワット数の小さいライト。これがサブですね。
フィギュアに当てるときもあれば、背景専用に使うことも多いです。
それぞれのライトに意味を持たせて、思い描くイメージに合うように後は調節するだけです。

え~、えらく長くなった上に話がぼやけまくっていますが、そういうわけですので何が言いたいのかというと、出来るだけ明確にイメージを持つ事。(ライトをどの位置に置いてとか、メインのライトはどの仕様にするのかとか、レフ板は使うのか使わないのかとか等々)
そして、そのために自分の使っているライトを色んな使い方して憶える。(ライトの使い方に正しいとか間違った使いかたとかは無いと思うので、あらゆる角度、距離、ディフューズのオンからオフまで、光を身体で憶えるという事です。)
そして、ライティングを組み立てられるようにするために「推理して→試してみる」事。(通勤時間にでも車吊り広告の写真を見ながら、ハイライトの位置などから推理してそのライティングを頭で作ってみる→暇なときにそのライティングを試してみる。)
最後のこれが一番お勧めですね。
例えそれが正解ではなかったとしても、そうやって考えたライトの使いかたが、別の所で活かせるかもしれないし、勉強にもなりますし!

自分が写真に関してやって来た事ってそれくらいなので、多分この3つの事をやれば自分みたいな写真が撮れる様になるんじゃないかと^^;

長々と私信に使ってしまい、スミマセンでした。
メールにすればよかったですねorz

宜しくお願いします。
KON URL 2008/02/07(Thu)23:06:55 編集
Re:無題
丁寧なコメントありがとうございます。

雑誌やカタログのコマーシャルフォトは,わたしにとっても理想の1つです。
フィギュアを見たときに頭の中に思い浮かぶイメージを,レンズと撮像素子を通して画像に落とす。
たったこれだけのことなのですが,これが難しいこと難しいこと・・・。

わたしの場合はライトバンクを使った,かなり柔らかめの光を使うことが多いです。堅めの光が欲しいときは,自作のグリッドを付けたりしていますが,なかなか思うようにはいかず,最近ちょっとマンネリ気味の写真が多いです(^^;

以前からやっているトレーニングとしては,これはすごいと思った写真を,同じフィギュアを使って自分で再現するということをやっています。
たいがいは,「こんな色だせん~~」とか「どうやってもこんな陰影つけられん~~」と,己の未熟さ加減を思い知ることになるのですが(^^;

今回のコメントは大変参考になりました。ただ,1コメントととして書かれてしまったのはもったいないなぁとも思います(^^;
figuephotoさんのほうの記事として,こういったアドバイスやテクニックを書いていただけると,わたしも含め喜ぶ方も多いのではと思ってしまいます。

よろしかったら一度ご検討ください(^^;
【2008/02/09 00:44】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
Links
アキバBlog (秋葉原ブログ)
(敬称略)
■ リンク一覧 (バナーあり)
■ メーカリンク
カレンダー
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Recent Comments
[05/24 真紅の180sx]
[05/18 Danny Choo]
[05/04 uru]
[04/27 NONAME]
[04/25 あきら]
ブログ内検索
Search
メールフォーム
Mail Form
購入予定 (あみあみ他)
Schedule
忍者ブログ [PR]